インドネシア マンデリン ブルーリントン 深煎り 100g
5c1b4b69c2fc28398d61f0ce 5c1b4b69c2fc28398d61f0ce 5c1b4b69c2fc28398d61f0ce 5c1b4b69c2fc28398d61f0ce

インドネシア マンデリン ブルーリントン 深煎り 100g

¥864 税込

送料についてはこちら

  • 豆(おすすめ)

苦みとコクの王様 マンデリンと言えば、苦みの強いコーヒーで有名ですが、この「ブルーリントン」はさらに、スパイシーさも加わります。スパイシーと言ってもカレーのような辛さではなく、エキゾチックな刺激を含むハーブのような風味と鬱蒼と生い茂る森の中にいるような感じの香りもします。 また、東洋と西洋が混ざったようなオリエンタルな雰囲気もあります。個性的な刺激がほしい方にオススメです。 酸味 ★☆☆☆☆ 苦み ★★★★☆ 甘み ★★★☆☆ 香り ★★★★☆ こく ★★★★☆ 焙煎度合い  深煎り(フレンチロースト) 生産地  リントン・ニ・フタ地区 精製方法 ※スマトラ式 品種   ティピカ亜種 標高   1200~1400m ※スマトラ式とは、インドネシア スマトラの一部で行われている独自の精製方法で十分に乾燥させないうちに脱穀し、そのあとさらに乾燥させて水分値を13%以下にされたものが出荷される。 この方法で処理された生豆は独特の深緑色で、水分の多いやわらかいうちに脱穀するため生豆の先端がつぶれた感じになっていることがある。 他の国の生豆とは色と形状もだいぶ異なるので見ただけでマンデリンだとわかります。